編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アクティブ型ICタグ

用語の解説

アクティブ型ICタグとは

(アクティブガタアイシータグ,アクティブ型RFIDタグ,アクティブRFIDタグ,アクティブタグ,active IC tag,active RFID tag,active tag,)
アクティブ型ICタグとは、電池を内蔵しているRFIDタグのことである。
アクティブ型ICタグは、電池を内蔵しているため、タグとリーダライタ間において数十mの通信距離が可能であり、この特性を利用して人間や車両などの位置管理などに利用されている。 パッシブ型ICタグと同様にITのユビキタス化、自動化を推進する上で欠かせないものといわれ、急速に普及している。 なお、アクティブ型ICタグは、電池を内蔵していることから非接触電力伝送技術を利用しているパッシブ型ICタグと比較して小型化に難があり、高価でもある。 また、電池がなくなると交換を余儀なくされるため大量設置には向かないとされる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]