アクティベーション

用語の解説

アクティベーションとは

(プロダクトアクティベーション,ライセンス認証,activation,Product Activation,)
アクティベーションとは、広い意味では「機能を有効にすること」であり、パソコン分野では一般的に、ソフトウェアの機能が使えるようにユーザー登録を行うことである。
アクティベーションの機能を持つソフトウェアでは、使用にあたってアクティベーションを行う必要がある。 一般的な方法は、インターネットを経由したアクティベーションで、ユーザーのパソコンのハードウェア構成とソフトウェアのシリアル番号をひも付けて認証を行う。 すると、アクティベーションが実行されて、機能がフルに使えるようになる仕組みである。 なお、電話によるアクティベーションもある。 アクティベーションの最大の目的は、違法コピーの防止である。 ハードウェア構成の違うパソコンに同じシリアル番号のソフトウェアをインストールしようとしても、アクティベーションはできない。 アクティベーションが必要なソフトウェアでも、インストール直後はアクティベーションを行わなくても普通に利用できるが、一定の日数や起動回数を超えるとほとんどの機能が使えなくなる。 また、同じソフトウェアでも、プリインストール版ではアクティベーションの不要なものが多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]