編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アスキー

用語の解説

アスキーとは

(ASCII,American Standard Code for Information Interchange,)
アスキーとは、ANSI(アメリカ規格協会)の前身であるASAによって1963年に定められた、英語のアルファベットや数字などを中心とする文字コード体系である。
現在の規格は「ANSI INCITS 4-1986」と呼ばれている。 アスキーは7ビットの情報で表現されており、128種類の文字が含まれている。 このうち33の文字は、表示には使用されない制御文字である。 アスキーの規格は米国で策定され、後に国際標準化機構(ISO)によって「ISO 646」として国際標準化された。 後に日本でも、「ISO 646」に基づく日本工業規格(JIS)として「JIS X 0201」が策定されている。 なお、「JIS X 0201」では、7ビットで表現されたアスキーの体系に加えて半角カナ文字を追加した8ビットの文字体系となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]