編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アダー

用語の解説

アダーとは

(加算器,加算回路,adder,)
アダーとは、演算回路の基本となる演算器のうち、加算(足し算)の機能を持った演算器のことである。
アダーは多くの場合、演算装置(ALU)の中に組み込まれている。 アナログ方式や2進数、10進数など、様々な数値表現において、計算を行うアダーがありえるが、通常「アダー」といえば2進数で計算するものを指す。 アダーの中でも、下位の桁からの桁上げ(キャリー)を考慮せず当の桁だけで加算を行うものはハーフアダー(半加算器)と呼ばれており、桁上げを考慮して計算結果に反映させることのできるものはフルアダー(全加算器)と呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]