編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アップストリーム

用語の解説

アップストリームとは

(アップストリーム)

 通信回線を流れるデータのうち、下流の通信機器から上流の機器へ流れていくもの。

 サーバとクライアントの接続ではサーバ側が上流になるため、アップストリームはクライアント側が送信するデータになる。

 インターネットのほとんどの用途では、アップストリームが使われるのは、サーバへのリクエスト送信などのごく少量のデータを送る場合である。

 このため、ADSL回線などはアップストリーム回線の通信速度を抑えてダウンストリーム(サーバ側が送信するデータ)回線の通信速度を確保している。

 ただし、テレビ電話などではクライアントからも大量のデータを送信するため、アップストリーム回線もそれなりの速度が必要になる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]