編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アップリンク

用語の解説

アップリンクとは

(アップリンク)

 通信回線の上り(ユーザ端末→ネットワークの中心)方向の回線、あるいは、回線の通信速度のこと。

 無線通信やADSLではデータの送信に使用する周波数と受信に使用する周波数が分かれている。 このうち基地局や通信衛星など、ネットワークの中心部に近いほうを上として見た時に、上り方向になる方向をアップリンクと呼ぶ。 反対方向の下りはダウンリンクと呼ばれる。 一般家庭のパソコンから見た場合、ほとんどの場合は送信側がアップリンクになる。

 アップリンクやダウンリンクといった言葉は、その方向の通信に使用する周波数帯域や通信速度を表現するために使用されており、例えば「アップリンクの帯域は430MHz」といったような形で使われている。

 もっとも、単に「アップリンク1024kbps」という形で省略されて書かれていることも多く、この場合は単位から何を指しているのか(周波数帯域ならMHz/GHzなど、速度ならkbps/Mbpsなど)推測して読む必要がある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]