編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アドホックネットワーク

用語の解説

アドホックネットワークとは

(無線アドホックネットワーク,自立分散型無線ネットワーク,ad hoc network,)
アドホックネットワークとは、専用の基地局を用いず、端末装置自体が持つ中継機能を利用することにより、一時的に相互接続される端末群で構成されるネットワークのことである。
アドホックネットワークでは、多数の端末同士を基地局の介在無しに接続する「マルチホップ通信」の技術を用いている。 マルチホップ通信は、基地局がなくても、他の端末を中継しながら通信エリアを拡大できるというメリットを持つ。 アドホックネットワークで利用される無線接続の方式としては、IEEE 802.11x、Bluetooth、ZigBeeなどの規格がある。 IEEE 802.11xは、通信半径が100m程度と広いのが特徴である。 一方、Bluetoothは通信半径が10m程度と狭いものの、小型周辺機器の接続に適しているという特徴がある。 ZigBeeはセンサー同士を接続するのに用いられる。 通常のネットワークでは、固定的に設置される基地局が、中継機能を持ち、各端末を結び付けている。 このため、一定の基地局インフラの整備が必須となる。 これに対し、アドホックネットワークでは基地局インフラの整備が不用であるため、基地局のない地域で安価にネットワークの利用が可能となる。 アドホックネットワークに関する技術的な課題としては、マルチホップ通信方式については、動的に変化する中で通信経路をどのように決定するのかが問題となる。 また無線接続については、周波数帯域の割り当てと出力の大きさの設定をどうすべきかといった問題がある。 アドホックネットワークの利用分野としては、基地局インフラを必要としないなどの特徴から地震などの災害時の連絡、モバイルへの適用性から車両間のような移動体同士の接続などが考えられている。 なお、「アドホック(ad hoc)」はラテン語で、「一時的な」という意味を持つ。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]