編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アドレスバス

用語の解説

アドレスバスとは

(アドレスバス)

 アクセス対象となるリソースを指定するためのアドレス情報をやり取りするためのバス。

アドレスバスのバス幅によって、そのバスでのアドレス空間の大きさが決まる。 PCIのようにアドレスバスとデータバスが多重化されていることもある。 その場合、バスサイクルの始まりではアドレスバスとして、その後データを転送するときにはデータバスとして扱われる。 またデータ転送速度を向上させるために、MCAはデータバスといっしょにアドレスバスもデータ転送に利用することがある(一度に転送できるデータ量は2倍になる)。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]