編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アプリケーションソフトウェア

用語の解説

アプリケーションソフトウェアとは

(アプリケーションプログラム,アプリケーションソフト,アプリケーション,アプリ,Application Software,Application Program,)
アプリケーションソフトウェアとは、ソフトウェアの分類のうち、特定の作業を行うために使用されるソフトウェアの総称である。
アプリケーションソフトウェアは、しばしばOS(基本ソフト)との対比において用いられる。 OSはパソコンが動作するための土台となる機能を提供するものであり、OS上でアプリケーションソフトウェアを動作させることで目的に応じた作業を行うことが可能になる。 アプリケーションソフトウェアの例としては、文書を作成するためのワープロソフト、表を作成するための表計算ソフト、電子メールをやり取りするための電子メールソフト(メーラー)、プレゼンテーションの資料を作成するためのプレゼンテーションソフト、画像を作成するためのドローソフトやペイントソフト、写真を編集するためのフォトレタッチソフト、音楽データを再生するための音楽ソフト、その他会計ソフト、家計簿ソフト、年賀状ソフトなどがある。 特定の目的を実行するソフトウェアの中でも、特定の機能の追加や設定変更といった限定的な目的のために用いられるソフトウェアは、特にユーティリティソフトなどと呼ばれている。 また、特定の仕事を行うために用いられるソフトウェアでありながら、より中核的な業務処理を行うためにOSと他のアプリケーションソフトウェアの中間的な処理を行うものはミドルウェア、周辺機器の制御のために用いられるものはドライバ(デバイスドライバ)などと呼ばれている。 また、Webブラウザを通じたクライアントからのリクエストをネットワーク上のサーバが処理し、サーバが処理結果を返すことでクライアントに動的な機能を提供しているWebコンテンツを、特にWebアプリケーションと呼ぶことがある。 Webアプリケーションとの対比で、クライアントのパソコン上で動作しているアプリケーションソフトウェアがデスクトップアプリケーションと呼ばれることもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]