編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アプリケーション間連携

用語の解説

アプリケーション間連携とは

(アプリケーションカンレンケイ,アプリケーション間連携機能,)
アプリケーション間連携とは、複数の異なるアプリケーションソフトウェアで、共通したデータをやりとりしたり、機能的連携を行ったりすることである。
アプリケーション間連携を用いることで、同じデータを共通のリソースとして用い、集約管理を図ったり、あるいは、一度作成したグラフなどのオブジェクトを別の文章で再利用したりといった効率化を行うことができる。 具体的には、元のデータソースの値を変更すれば、同じデータを読み込んでいる他のアプリケーション上でもデータの変更が自動的に反映されるようになっている。 アプリケーション間連携は、Microsoft Officeに代表されるオフィススイートに含まれる各種オフィスソフトなどにおいて利用できる。 また、Windowsでアプリケーション間連携を実現するための技術として、OLEがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]