編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アモルファスシリコン

用語の解説

アモルファスシリコンとは

(アモルファスシリコン)

 アモルファス(非晶質)状態のシリコン。

アモルファスとは三次元的に規則正しい結晶構造を持たない固体物質のことを言う。 アモルファスシリコンはシリコン原子の隙間にランダムに不純物(水素など)が混入するため、原子ごとの距離が不均質な構造となる。 半導体として用いた場合、比較的低速に動作するトランジスタとして機能する。

 TFT液晶パネルに用いられているほか、光を照射することで半導体内部で電気エネルギーが生じる光電特性を持つことから、太陽電池や感光素子にも用いられている。 アモルファスシリコンを用いた半導体は高速化や低消費電力化、小型化が難しいことから、近年では液晶パネルにポリシリコン、連続粒界結晶シリコンを使う事例が増えている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]