編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アルゴル

用語の解説

アルゴルとは

(ALGOrithmic Language,ALGOL,)
アルゴルとは、1960年頃にヨーロッパの学者グループによって開発されたプログラミング言語の総称である。
アルゴル58、アルゴル60、アルゴル68などを含む。 アルゴルは、主に科学技術計算用のアルゴリズムを記述する言語として開発された。 それまで米国を中心に利用されていたFORTRANやCOBOLなどに比べて、より自然語に近い構文で記述できるとされ、アルゴリズム記述用の言語としては事実上の標準(デファクトスタンダード)となった。 アルゴルでは関数の再帰呼び出しの概念や、変数の宣言、名前渡しなどを初めて採用した言語であり、PascalやC言語のような後の重要なプログラミング言語にも影響を与えているされる。 ただアルゴル自体は、仕様が巨大かつ複雑であったために広く普及することはなく、現在ではほとんど用いられることがなくなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]