編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アルニコ

用語の解説

アルニコとは

(Alnico,Aluminium, Nickel, Cobalt,)
アルニコとは、合金の一種で、主にアルミニウム(Al)とニッケル(Ni)、コバルト(Co)の3種の合金を化合して作られた金属物質のことである。
主に永久磁石の材料物質として知られている。 アルニコ合金は、溶解した金属材料を磁界の中で冷却することによって優れた磁力と耐熱安定性をもった永久磁石として精製することができる。 原料としては、アルミニウム・ニッケル・コバルトの3種の金属の他に、少量の鉄などが含まれる。 また、銅やチタンなどが含まれる場合もある。 アルニコ磁石は電気モーターやスピーカー、ギターのピックアップ部分などに用いられている。 酸化鉄(鉄サビ)を主成分とする安価なフェライト磁石が登場する20世紀半ばまで、アルニコ磁石は磁石として最もよく用いられていた。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]