編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アルファチャンネル

用語の解説

アルファチャンネルとは

(αチャンネル,alpha channel,)
アルファチャンネルとは、デジタル画像処理において、透過度の情報を扱うために用意された補助的なデータ領域のことである。
コンピュータで処理される画像データは、RGBカラーモデルと呼ばれる色情報によって表現されており、ピクセルごとに赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)のデータ領域(チャンネル)を持っている。 ここに透明度の情報であるアルファチャンネルを加えることで、半透明の色彩の表現が可能になっている。 32ビットの画像処理システムの場合、1ピクセル当たり、R、G、B、アルファチャンネルのそれぞれに8ビットのデータ領域が割り当てられている。 アルファチャンネルに割り当てられたデータ量に応じて、完全な透明から完全な不透明までを段階的に表現できる。 ただし、システムによってはアルファチャンネルのためのデータ領域が用意されていない場合もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]