編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アンインストーラ

用語の解説

アンインストーラとは

(アンインストーラ)

 コンピュータから特定のアプリケーションソフトを削除し、導入前の設定に戻すソフトウェア。

 アプリケーションをコンピュータから削除する作業は「アンインストール」と呼ばれ、プログラムやデータなどのファイルをハードディスクなどから削除し、導入に伴って変更された設定を以前の状態に戻す作業を指す。

 アンインストーラはこれを自動的に行なうソフトウェアで、一般ユーザが使用する最近の商用アプリケーションソフトには、自身をアンインストールする機能がほとんど必ず付属している。

 アンインストーラを起動すると自動的にアンインストールが行なわれる。 単にファイルを削除しただけでは設定の変更が行なわれず、システムの状態が不安定になり、動作不良の原因となるので、アンインストーラが付属しているソフトウェアでは必ずアンインストーラを使用すべきである。

 アプリケーションソフトをコンピュータに導入するソフトウェアを「インストーラ」という。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]