編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アンチウイルスソフト

用語の解説

アンチウイルスソフトとは

(アンチウイルスソフト)

 コンピュータウイルスを除去するソフトウェア。

ウイルスに感染したファイルを修復し、コンピュータを感染前の状態に回復するアプリケーションソフトのこと。 「ワクチンソフト」「アンチウイルスソフト」などとも呼ばれる。 他のコンピュータとの通信状況を監視し、ウイルスの侵入を予防する機能を備えるものもある。

 ワクチンソフトは予め用意されたウイルス検知パターンとファイルを比較してウイルスを検出するため、検知パターンが登録されていない新種のウイルスを検出することはできない。

 検知パターンはワクチンソフトメーカーによって定期的に更新され、最新のパターンはインターネットなどを経由して取得できるようになっている。 感染力の強い新種ウイルスが発見されると、大規模な感染を防ぐため、そのウイルスを除去するためだけの機能限定のワクチンが無償で配布されることもある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]