編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アンナンバード

用語の解説

アンナンバードとは

(アンナンバード接続,unnumbered connection,)
アンナンバードとは、2台のルータによってネットワークを接続する際に、外部ネットワークへ接続するインターフェースに対してIPアドレスを割り当てない方式のことである。
通常、ルータを使用してネットワークを接続する際には、内外に向かうそれぞれのインターフェースに対してIPアドレスを割り当てている。 ルータはこのIPアドレスを元にパケットを送信している。 しかしルータ同士が1対1で接続されているような環境では、特にIPアドレスを指定しなくてもパケットを送出することが可能である。 IPアドレスを与える(numbering)ことをしないために、アンナンバード(unnumbered)と呼ばれている。 アンナンバードによって接続されているネットワークは、ルータが2台あることを意識せずに(1台だけであるかのように)管理することが可能になる。 アンナンバードはダイヤルアップ接続におけるPPPや、EthernetにおけるPPPoEなどで使用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]