編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アンマネージドコード

用語の解説

アンマネージドコードとは

(アンマネージコード,unmanaged code,)
アンマネージドコードとは、Microsoftが提唱するプラットフォームである.NET Frameworkにおいて、CLR(Common Language Runtime)に準拠していないコードを含んでいるコードの総称である。
.NET Frameworkの登場以前から使用されているコードはすべてアンマネージドコードとなり、例えばActiveXやWin32 APIなどを用いるコードはアンマネージドコードに該当する。 アンマネージドコードはCLRによって管理されないため、CLRのセキュリティ機能やガベージコレクションなどの機能を利用することができない。 なお、アンマネージドコードに対して、使用されるコードのすべてがCLRに準拠し、CLRによって管理された(managed)コードは、マネージコードと呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]