編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アーバンイーサ

用語の解説

アーバンイーサとは

(アーバンイーサ)
アーバンイーサとは、NTT西日本が提供する超高速LAN回線網のサービスのことである。
関西圏や西日本の各政令指定都市などを主要な提供エリアとしている。 サービスとしては、NTT東日本が提供するLANサービス「メトロイーサ」とほぼ同様である。 アーバンイーサを利用すると、NTT西日本から借り受けた回線終端装置(DCE)を経由してLAN機器を利用し、光ファイバを利用した高速イーサネットによって超高速通信を行うことができる。 アーバンイーサはISO参照モデルにおける第2層(データリンク層)で規定されているネットワークサービスであるので、上位層となるIP、AppleTalk、NetBEUIといった様々なプロトコルを利用することができる。 通信インターフェースには、ファストイーサネットやギガビットイーサネットなどが使用可能である。 アーバンイーサは定額制のサービスで、課金は通信距離やデータ量に関係なく、通信速度に左右される。 速度は100Mbps、1Gbpsから選択でき、どちらも帯域が保証されている。 また、VLANによって外部トラフィックを制御することができるので、高いセキュリティ性を保っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]