編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

インターネットバンキング

用語の解説

インターネットバンキングとは

(オンラインバンキング,エレクトロニックバンキング,net banking,online banking,internet banking,)
インターネットバンキングとは、インターネットを通じてユーザーのパソコンと金融機関のコンピュータシステムを接続し、振込みや預金残高照会などのサービスを自宅やオフィスなどから行うことができるシステムの総称である。
オンラインバンキングなどと呼ばれることもある。 一般的なインターネットバンキングでは、店頭のATMで提供されているような預金残高照会や口座振り込み、口座振り替えなどのサービスをオンラインで利用することができる。 これにより、銀行の店頭まで赴かなくても、簡単なサービスを済ませることができるようになる。 また、入力されたデータは保持されるため月ごとに入力しなおすといった手間も省け、金融機関によっては電子メールでの相談窓口のような独自のサービスを提供している場合もある。 通信回線を使用した金融機関のサービスは、当初はエレクトロニックバンキングと呼ばれ、処理を行うために専用の端末機器を必要としていたが、現在では一般的なパソコンをインターネット回線に接続し、一般的なWebブラウザなどからサービスを利用することが可能となっている。 また、セキュリティやユーザビリティなどを考慮して専用のソフトウェアが用意されている場合もある。 なお、企業からインターネットバンキングのサービスを利用することを「ファームバンキング」と呼び、家庭から利用することを「ホームバンキング」と呼んで区別することもある。 同じく、携帯電話におけるインターネット接続機能を使った利用形態は「モバイルバンキング」などと呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]