編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

インターネット一時ファイル

用語の解説

インターネット一時ファイルとは

(temporary Internet files)
インターネット一時ファイルとは、ブラウザで表示したウェブページのファイルや画像データを、一時的に格納するファイルやフォルダのことである。
Internet  Explorerでは、Temporary Internet Filesというフォルダに保存される。 インターネット一時ファイルにデータを保存すると、いったん表示したウェブページを開く際に、再度ダウンロードするのではなく、格納されたフォルダからデータを読み込むため、ページの表示速度が向上する。 なお、ウェブページをオフラインで操作する際にも、このフォルダが利用される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]