編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ウィンテル

用語の解説

ウィンテルとは

(Wintel)
ウィンテルとは、WindowsとIntelを組み合わせてできた造語である。
一般的にはIntel社製のマイクロプロセッサとWindowsシリーズのOSを搭載したパソコンのことを指すが、米マイクロソフト社とインテル社によるパソコン業界における事実上の支配的な体制のこと批判的に指す場合も多い。 90年代以降のパソコン市場では、OSはマイクロソフトのWindows、CPUはインテルのCeleronやPentium系列の製品がデファクトスタンダード(事実上の標準)になってきた。 そのため、パソコン市場のさまざまな面でこの2社は強大な影響力を保持してきているため、この体制を指してしばしば「ウィンテル」と呼ばれる。 ただし昨今では、CPUでは米AMDのAthlonなどインテル互換製品の勢力が伸ばしており、他方OSにおいてもオープンソースのLinuxが注目され、インテルがサーバー向けCPUでLinuxサポートを進めるなどしており、マイクロソフト社とインテル社の関係は必ずしも一枚岩とは言えない。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]