エアロゲル

用語の解説

エアロゲルとは

(フローズンスモーク,Aerogel,)
エアロゲルとは、水分をガスに置換してゲル状に生成した物質のことである。
1931年にSteven Kistlerによって発明された。 エアロゲルは体積の9割以上において空気を含んでおり、フローズンスモーク(凍った煙)の異名を持つ。 その名のとおりきわめて軽く、また、高い断熱性を持っている。 エアロゲルは触媒や吸着剤などとして使用されており、様々な用途への応用が研究されている。 エアロゲルは、シリカやアルミナ、クロームなどを主成分として生成される。 中でもシリカ(珪素)を主成分とするシリカエアロゲルは最も一般的なエアロゲルとして知られる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]