エルマーク

用語の解説

エルマークとは

(Lマーク)
エルマークとは、音楽やビデオといったデジタルコンテンツの配信サイトが、著作権者の認可を経て正規に配信していることを示すための識別マークのことである。
社団法人日本レコード協会(RIAJ)が発行している。 エルマークが登場した背景としては、PCや携帯電話において音楽ファイルや着うたを違法に配信するWebサイトが後を絶たず、レコード会社などしかるべき権利を持った事業者に深刻な損害を与えているという実情があるとされる。 エルマークを表示することによって、ユーザーがWebサイトからコンテンツをダウンロードしようとする際に、そのWebサイトが正規にライセンスを受けているか判断できるようにしようとするものである。 エルマークの発行を受けたWebサイトには、エルマークのロゴや管理番号が表示される。 ただし、正規にコンテンツ配信の認可を受けているWebサイトでもエルマークの発行を受けていなかったり、取り扱うコンテンツがエルマークの対象外であったりする場合があるので、エルマークが表示されていなくても必ずしも違法ダウンロードサイトとは断定できない場合もある。 エルマークは、2008年2月に正式に発表された。 当初はもっぱら音楽配信サイトで採用されてきたが、2009年3月に、映画やアニメのような映像の配信サイトについても適用されることが発表された。 それと同時に、配信方法としても、ダウンロード配信だけでなくストリーミング再生が新たに表示対象となった。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]