編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

オフコン

用語の解説

オフコンとは

(オフィスコンピュータ,office computer,)
オフコンとは、事務処理向けのコンピュータの通称である。
総務や経理など企業の事務処理を行うために開発されたコンピュータであり、パソコンが普及する以前に広く使われていた。 大型の汎用機と同様、メーカー独自の規格で開発されているものが多く、専用OSと専用のアプリケーションで稼動する。 また、アプリケーションの開発言語としてはCOBOLが多く用いられている。 パソコンの普及によるアプリケーションの充実とC/SによるWindows環境の整備、イントラネットやエクストラネットなどの浸透により、オフコンは次第に使われなくなってきている。 なお、オフコンとは日本独自の呼称であり、実際はワークステーションやミニコンの一形態である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]