編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

オールインワン型ノートパソコン

用語の解説

オールインワン型ノートパソコンとは

(デスクノート,desknote,)
オールインワン型ノートパソコンとは、ノート型パソコンを高性能化してデスクトップパソコンまで近づけた、デスクトップ使用が想定されたノートパソコンのことである。
省スペースパソコンとして用いられている。 オールインワン型ノートパソコンはノートパソコンと同様にオールインワンで薄型に設計されているが、モバイルノートのように持ち歩く用途が想定されていない。 一般のノートパソコンでは機能を最小限に削ることを志向されているのに対して、オールインワン型ノートパソコンはむしろ高性能、多機能、マルチメディア対応などが志向されている。 高画質大画面のディスプレイやハイクラスのCPU、メモリ、CDやDVDの再生・書き込みに対応しているディスクドライブなどが標準で搭載される。 その分、一般のノートパソコンよりも大きく、重く、そしてバッテリーの備えが充分でない。 オールインワン型ノートパソコンは、主にデスクトップを省スペース化するための代替品としての需要がある。 机上(デスクトップ)をコンパクトにまとめることができ、なおかつデスクトップパソコンに劣らない機能を利用することのできるタイプとして人気がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]