カッド

用語の解説

カッドとは

(quad)
カッドとは、電話回線を扱う際に用いられる単位で、ケーブルの芯を4本寄り合わせた束の単位のことである。
電話回線は2本で1対の銅線が最小単位となっており、それが2対束ねられて(合計2対4本で)1カッドを構成している。 2組の線をまとめることによって線が互いの磁束方向を打ち消し合うので、磁束の干渉によるノイズの発生(近端漏話)を低減する効果を生み出している。 また、寄り合わせることでケーブルの収容面積も削減することができる。 カッドは、5単位分まとめられて「サブユニット」という単位を構成している。 サブユニットは10単位で「ユニット」を構成している。 そのユニットを4単位まとめたものが、一般に「ケーブル」と呼ばれているような絶縁ケーブル1本となっている。 地中に埋設される「ケーブル」1本につき、200本のカッドから構成されていることになる(銅線そのものは800本収容されていることになる)。 このケーブル1本で、およそ数百~数千の回線を収容できる。 ケーブル内の各回線はそれぞれADSLやISDNなどのサービスに使用することができるが、隣接しているカッドがそれぞれADSLとISDNで使用されているような場合には、磁束に干渉が発生して近端漏話が生じやすくなる。 ケーブルの絶縁材にはプラスチックと紙があり、紙絶縁ケーブルの方が比較的漏話の影響を受けやすくなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]