ガントチャート

用語の解説

ガントチャートとは

(Gantt chart)
ガントチャートとは、スケジュールや作業の進捗を管理する表のことである。
ガントチャートでは、作業の開始日から完了日までの期間をバーで示し、作業における依存関係を矢印などを使用して、視覚的に表したもので、工場などで人員や工程の管理などに利用される。 さらに、作業の予定に加えて、実際の進捗状況などを記入することで、プロジェクトや工程の進み具合をガントチャートで管理することも可能である。 なお、作業の工程や進捗を管理する表としては、アローダイヤグラムと呼ばれる直線的に順序を表示する形式のものも存在するが、小規模で工程もあまり複雑でない場合にはガントチャートの方がより適しているとされる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]