編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

キャッシュサーバ

用語の解説

キャッシュサーバとは

(キャッシュサーバ)

 インターネットに公開されるコンテンツのコピーを蓄積しておくサーバ。

ユーザーの「近くに」設置することで、接続要求ごとにオリジナルコンテンツへアクセスするという無駄を回避し、レスポンスの向上とトラフィックの低減を図る。

 キャッシュサーバの形態は、大きく2種類に分けられる。 まず、LANのクライアントからの接続要求に対してキャッシュ(コピーされたコンテンツ)を提供する「フォワードプロキシキャッシング」である。 一般にLAN環境では、クライアントの接続を代理するプロキシサーバが設置されているが、同時にこれがキャッシュサーバの役目をしていることが多い。 この種のキャッシュサーバとしては、SquidやDelegateが一般的。

 また、インターネットが普及した現在、人気ポータルなど、特定のサイトに膨大なトラフィックが集中するようになった。 こうしたサイトでは、オリジナルのWebサーバですべての接続要求を処理するのではなく、キャッシュサーバを使って処理を分散し、サーバの負荷を軽減している。 こういった用途に使われるのが「リバースプロキシキャッシング」である。 これは、フォワードプロキシとは逆にキャッシュ機能をWebサーバ側に実装し、外からの接続要求に応えるものである。 製品としてはインクトゥミやインフォリブリア、ノベル、シスコ、ネットワークアプライアンスなどのものが有名で、またインテルはインクトゥミのキャッシュサーバをベースにしたキャッシュアプライアンスを発売している。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]