編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

キャッシュ

用語の解説

キャッシュとは

(キャッシュ)

 速度が遅いデバイスに格納されたデータを高速にアクセスするために、直前に利用したデータを、高速にアクセスできる(しかしもとのデバイスより小容量)デバイスに格納しておくという仕組み。

ハードウェアで実現されている場合と、ソフトウェアで実現されている場合の両方がある。 現在のPCでは、CPUからメインメモリをアクセスするための「メモリキャッシュ」、プログラムからディスクアクセスを高速化するための「ディスクキャッシュ」、画面表示のための「フォントキャッシュ」、インターネットのwebアクセスを高速化する「Webキャッシュ」など、さまざまなキャッシュシステムが利用されている。

 キャッシュの多くは、データやコードに対する「アクセスの局所性」という特性を前提にしている。 つまり、「あるデータがアクセスされたら、そのデータが再びアクセスされる可能性が高い」「あるデータがアクセスされたら、その近辺にあるデータがアクセスされる可能性が高い」という一般的な傾向がある場合に、キャッシュは効果的に機能する。 逆に、ディスクのランダムアクセスなど、アクセスの局所性がない場合には、キャッシュが有効に機能せず、逆にオーバーヘッドになることもある。 そのため、DBMSなどでは、OSが提供するキャッシュ機能を利用せず、独自のキャッシュ機能を使って高速化していることも多い。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]