編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

キャリアグレードLinux

用語の解説

キャリアグレードLinuxとは

(キャリアグレードリナックス,CGL,Carrier Grade Linux,)
キャリアグレードLinuxとは、通信事業における利用を想定して高信頼性に特化されたLinuxの仕様のことである。
キャリアグレードLinuxは、電話交換機や通信機器などに搭載されることを想定して仕様が定められている。 キャリアグレードLinuxは、Linuxのビジネス利用を推進する業界団体OSDL(現在はThe Linux Foundationに統合)のCGLワークグループによって2002年に策定された。 モンタビスタやウインドリバーといったディストリビューターが、キャリアグレードLinuxに対応したディストリビューションを発売している。 なお、2007年2月には、最新の仕様書である『Carrier Grade Linux 4.0 Specification』が発表されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]