編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

キュリー点

用語の解説

キュリー点とは

(キュリーテン,キュリー温度,Curie point,)
キュリー点とは、物質が磁性を失う境界となる温度のことである。
フランスの物理学者キュリー(Pierre Curie)によって発見された。 キュリー点を超えると、強磁性体が持っていた磁気モーメントの方向が熱振動によって乱れ、ほとんど常磁性の状態となる。 キュリー点に達して磁力を失った物質を通常の温度下に戻しても、磁力が自然に回復することはない。 キュリー点は物質によって異なり、鉄(Fe)は約770℃、ニッケルは約358℃、フェライトは約500℃となっている。 光磁気ディスク(MO)は、レーザー照射によって局部的に温度をキュリー点以上に高め、磁性を消すことで、磁気的に書き込まれたデータを消去するという仕組みを持っている。 磁性を失った箇所は外部からの磁界によって再び磁性を帯びるので、再度磁気的なデータの書き込みが可能となっている。 ちなみに光磁気ディスクの記憶媒体材料のキュリー点は、およそ200℃程度である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]