編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

キープアライブ機能

用語の解説

キープアライブ機能とは

(キープアライブ,キープアライブパケット,keep alive,keep alive packet,)
キープアライブ機能とは、ネットワークで接続されたコンピューターやネットワーク機器同士の接続が、有効な状態であることを確認したり表明したりするための定期的な通信のことである。
通信回線やセッションが有効であることを、alive(=生きている)と呼ぶところから来ている。 また、その際に用いられる信号が「ハートビート」と呼ばれることもある。 キープアライブ機能が有効になっていると、通信が行われていない状態のときに、一定時間の間隔で確認パケットを送受信するため、通信回線や接続されている機器が有効であることを確認できる。 これにより、接続している機器が停止しているのか、あるいは、通信するデータがないだけなのかを判別することが可能になる。 なお、キープアライブ機能が無効の状態では、通信が行われていないネットワーク上に一切のトラフィックが流れなくなる。 なお、キープアライブ機能が有効になっている際に、接続先の機器からの応答が途絶えた場合は、状況に応じて通信回線を閉じたり、あるいは、再度接続し直すなどの処理が必要となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]