編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

キーリカバリ

用語の解説

キーリカバリとは

(キーリカバリ)

 暗号化されたデータを、緊急時に正規の手順を踏まずに復号化すること。

復号用の暗号鍵を紛失した、鍵を持っている者と連絡がとれなくなった、などの場合にも暗号を平文に戻すことができる。 キーリカバリにはいくつかの手法があるが、信頼できる第三者に、復号用の鍵かそれに準ずる物を預けておくという方法が広く知られている。 キーリカバリ方式は暗号利用者の利便性が高まるとして期待される一方で、暗号の安全性が失われるとして、これを忌避する姿勢も根強い。 特にアメリカでは、犯罪発生時に国家機関がキーリカバリを行える暗号システムを開発・採用するよう政府がコンピュータ業界に働きかける計画が明らかになり、大きな議論に発展した。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]