グルーポン系サービス

用語の解説

グルーポン系サービスとは

(Groupon系サービス,グループ購入サービス,共同購入サービス,クーポン共同購入サービス,クーポン共同購入サイト,共同購入型クーポンサイト,Groupon系サイト,ソーシャルクーポンサイト,日替ワリディールサイト,デイリーディールサイト,)
グルーポン系サービスとは、複数のユーザーを募って共同購入することで、クーポンを格安で購入できるというサービスのことである。
グルーポン系サービスの名称は、米国で2008年に開始された共同購入サービス「Groupon」(グルーポン)に由来する。 Grouponはサービス開始2年で急激に成長し、2010年度には300億円を超える売上を得ていると推定されている。 2010年現在、日本でも数十に及ぶグルーポン系サービスが登場している。 例としては「PIKU」(ピク)、「KAUPON」(カウポン)、「Qpon」(キューポン)、「GOTI」(ゴーチ)、「PREPON」(プレポン)、「GRPI」(グルピ)、「ミナワリ」、「みんクー」、「ポンパレ」、「Gravy」(グラビー)、「TOKUPO」(トクポ)などがある。 なお、2010年6月のサービス開始後、国内のグルーポン系サービスとしての最大手に位置していた「Qpod」(クーポッド)は、2010年9月に米国のGrouponに買収され、Groupon日本語版サービス「グルーポン・ジャパン」(groupon.jp)の土台となっている。 また、2011年4月には米国Googleも「Google Offers」をベータ版として開始し、注目を集めている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]