ケータイdeミュージック

用語の解説

ケータイdeミュージックとは

(ケータイdeミュージック)

 携帯電話を使って音楽を配信する技術仕様の規格の一つ。

三洋電機、日本コロムビア、日立製作所、 富士通、PFUの5社が共同で仕様を策定し、1999年12月に発表された。 暗号による著作権保護技術には、三洋電機、日立、富士通の3社が共同開発した「UDAC-MB」方式が採用されている。 この規格では、サービスの基本形態や、楽曲のコピー制御(不法コピーの防止)方法、街頭のキオスク端末と携帯電話の連携に関する技術仕様、ネットワーク配信の方法、CD-ROMやメモリカードによる携帯電話への楽曲配布の方法などが規定されている。 対応した携帯電話では、楽曲を聴きながら着信確認をしたり、歌詞を表示させたりすることもできる。 また、楽曲データのダウンロード中に通信が途絶しても、途中から再びダウンロードすることができる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]