編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

ケーブルモデム

用語の解説

ケーブルモデムとは

(ケーブルモデム)

 CATV用として敷設されたケーブル網を利用して、データ通信を行なうための装置。

TV用に割り当てられている帯域のうち数チャンネル分を使って、高速なデータ通信を行なうことができる。 ケーブルモデムにはEthernetのポートが付いており、家庭側のPCをEthernetで直接接続することになる。

 ケーブルモデムにはまだ決まった標準規格がなく、各メーカーごとに異なる仕様となっているが、一般的には下り(局から家庭)で最大30Mbps程度、上り(家庭から局)で最大1Mbps程度の転送速度を持つ。 上りと下りで速度が異なるのは、Internet側から家庭側へ送られる情報のほうが多いからである。 ただし、通常CATVでは1本の同軸ケーブルを数百世帯で共有しているため、全員が同時にInternetへアクセスを行なうと実質的な転送速度はこれよりもかなり低くなる可能性がある。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]