ゲームボーイアドバンス

用語の解説

ゲームボーイアドバンスとは

(GBA,アドバンス,GBアドバンス,GAMEBOY ADVANCE,Game Boy Advance,)
ゲームボーイアドバンスとは、任天堂が2001年に発売した携帯ゲーム機の名称である。
ゲームボーイカラーの後継に当たる機種である。 ゲームボーイアドバンスは、CPUには、32ビットRISC型マイクロプロセッサ「ARM7TDMI」を搭載し、ソフトウェアの供給媒体には、ロムカセットを採用している。 また、表示画面は、ゲームボーイカラーの約1.5倍の大きさで、32000色が表示可能な2.9インチ反射型TFTカラー液晶ディスプレイを備えている。 従来のゲームボーイには、8ビットのCPUが搭載されていたのに対して、ゲームボーイアドバンスでは初めて32ビットのCPUが搭載された。 これにより、ゲームボーイアドバンスは、1990年に発売された据え置き型の家庭用ゲーム機であるスーパーファミコンと同等かそれ以上の性能を持つとされている。 「F-ZERO」をはじめとする、スーパーファミコン向けに開発されたゲームソフトが、ゲームボーイアドバンス用に多数移植されている。 ゲームボーイアドバンスでは、従来のゲームボーイやゲームボーイカラー用のソフトウェアを利用することが可能である。 また、専用ケーブルを用いてゲームボーイアドバンス同士を接続することにより、4人まで同時にプレイできる機能を備えている。 なお、2003年には、フロントライトを搭載した「ゲームボーイアドバンスSP」が発売されており、2005年には、ゲームボーイアドバンスSPと同等の機能を持ちながら、サイズを3分の2まで小型化した「ゲームボーイミクロ」が発売されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]