編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ゲームボーイアドバンスSP

用語の解説

ゲームボーイアドバンスSPとは

(ゲームボーイアドバンスエスピー,GBASP,GAMEBOY ADVANCE SP,Game Boy Advance SP,)
ゲームボーイアドバンスSPとは、任天堂が2003年に発売した携帯ゲーム機の名称である。
ゲームボーイアドバンスSPは、CPUには、32ビットRISC型マイクロプロセッサ「ARM7TDMI」を搭載し、ソフトウェアの供給媒体には、ロムカセットを採用している。 また、表示画面は、ゲームボーイカラーの約1.5倍の大きさで、32000色が表示可能なフロントライト付きの2.9インチ反射型TFTカラー液晶ディスプレイを備えている。 ゲームボーイアドバンスSPの特徴として、本体が折りたたみ式になり、コンパクトになったことが挙げられる。 ゲームボーイアドバンスSPの折りたたみ時のサイズは、縦84.6×横82×厚さ24.3mmであり、ゲームボーイアドバンスに比べると、横幅が半分近く短くなっている。 また、電源は、本体に内蔵する形のリチウムイオン充電池を採用することで、約18時間持続して使用することが可能である。 ゲームボーイアドバンスSPでは、ゲームボーイアドバンス用のソフトウェアをはじめ、従来のゲームボーイやゲームボーイカラー用のソフトウェアを利用することが可能である。 ゲームボーイアドバンスSPには、本体の色に、プラチナシルバー、アズライトブルー、オニキスブラック、パールブルー、パールピンク、ファミコンカラーの6色が用意されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]