サウンドチップ

用語の解説

サウンドチップとは

(sound chip)
サウンドチップとは、サウンドカードやパソコンのマザーボード、楽器のシンセサイザーなどに搭載されている、音声入出力に関する機能を持ったチップ(LSI)のことである。
現在パソコンに搭載されているサウンドチップは、FM音源とPCM音源が1つのチップに搭載されたもので、サウンドチップの性能によって音質が変わってくる。 マザーボードのサウンドチップの音質に満足できない場合は、より良い性能のサウンドチップが搭載されたサウンドカードをパソコンの拡張スロットに挿し込むことで解決できる場合がある。 かつてはサウンドチップがマザーボードに搭載されているパソコンは少なく、音声入出力を行う際は、サウンドカードを後付けする必要があったが、現在では先述の「音質を良くしたい」という目的や、ゲーム用のコントローラを接続できるポートを備えたものもあるため、ゲームをするためにサウンドカードが利用される場合が多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]