サウンドレコーダー

用語の解説

サウンドレコーダーとは

(sound recorder)
サウンドレコーダーとは、Windowsに標準で搭載されている、音声処理のソフトウェアのことである。
Windows 3.0 MME以降のOSに搭載されており、WAVファイルに対応している。 サウンドレコーダーの主な機能として、「録音」、「再生」、「エフェクト」が挙げられる。 「録音」では、マイク入力の音声などを最大60秒録音でき、録音されたものはWAVファイルとして保存される。 「再生」ではWAVファイルを再生できる。 「エフェクト」では、再生速度を2倍にしたり、エコーをかけたりすることができる。 Windows Vistaにおいては、若干の仕様変更があり、操作方法や機能などがWindows XPまでのものと変わっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]