サブディレクトリ

用語の解説

サブディレクトリとは

(sub directory)
サブディレクトリとは、あるディレクトリの下の階層に作成されたディレクトリのことである。
現在のコンピュータでは、ディスクの中に保存されているデータを管理する際に、階層構造を用いる。 このときに用いられるのが、ディレクトリという概念で、ディレクトリをたどっていくことにより、目的のファイルに容易に到達することができる。 通常、ディレクトリは、ひとつのルートディレクトリの下に配置されているため、ルートディレクトリ以外のディレクトリは、全てサブディレクトリであるともいえる。 なお、もともとディレクトリとは、UNIXでの呼称であるため、WindowsやMac OSでは、ディレクトリのことをフォルダと呼ぶ。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]