サブルーチンライブラリ

用語の解説

サブルーチンライブラリとは

(subroutine library)
サブルーチンライブラリとは、各種のサブルーチンをひとまとまりに登録してあるファイルのことである。
汎用性のあるサブルーチンをライブラリ化しておくことで、複数の人々がいろいろなプログラム内で流用でき、改めて開発する必要がない。 なお、ルーチンとは、コンピュータが特定の機能を実行するために用意する一連の命令のことであり、サブルーチンは、ルーチンの一部を構成する。 サブルーチンは、比較的少ない命令群からなり、何らかの特定な目的を達成するために、ルーチン内で使えるように設計されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]