サブルーチン

用語の解説

サブルーチンとは

(subroutine)
サブルーチンとは、随時利用される、目的の決まった小さなプログラムのことである。
プログラムを記述する際の基本的な技法の一つで、さまざまな場面で利用できる処理手順をひとまとめにしたものにあたる。 同じ目的の処理を何回か行わせる場合、その部分を一つのプログラム(サブルーチン)として独立させ、あとから呼び出して(サブルーチンコール)使えるようにすれば、同じ処理のプログラムを何回も書く手間が省け、プログラム全体も見やすくなる。 このようにすることにより、プログラム全体の開発効率が向上するだけでなく、デバックが容易になり、記憶領域の容量の節約にもつながる。 なお、サブルーチンには、オープンサブルーチンとクローズドサブルーチンの2つがあるが、一般にはクローズドサブルーチンをサブルーチンと呼んでいる。 これに対して、全体のプログラムを構成する基本的な流れは主プログラム(メインルーチン)と呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]