サンク

用語の解説

サンクとは

(thunk)
サンクとは、一般的に、Windows 95やWindows 98などのWindows系32ビットOSにおいて、16ビットコードと32ビットコードを相互に利用するために、命令の変換を行う機構のことである。
16ビットコードの命令と32ビットコードの命令とは、そのままでは互換性を持たない。 アプリケーションを実行する際に、サンクを中間に挟むことによって、Windows 3.1向けに開発された16ビットのアプリケーションも、32ビットOSであるWindows 95などで利用できるようになっている。 Windows 3.1では、同じ16ビットコードであっても、外部のDLLの関数を呼ぶ際には、小片のコードを挟んで呼び出し元を区別できるようにする必要がある。 この小片コードもサンクと呼ばれていた。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]