サンプラー

用語の解説

サンプラーとは

(sampler)
サンプラーとは、収録した実世界のさまざまな音色データを、音源に使用する電子楽器のことである。
例えば、風の音を取り込むと、風の音の音色で音階を創作して、各種の楽曲を演奏できる。 こうした特徴を生かして、そこに実際の楽器がなくても、その楽器の音で演奏のシミュレーションが行えるので、作曲や編曲の分野で便利に活用されている。 サンプラーでは、アナログの音声信号を1秒間に数万の単位で細かく区切って、パルス符号へ変換するパルス符号変換方式(PCM)で録音することにより、もともとのアナログ信号をデジタル信号として処理・加工できる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]