サンプリングキーボード

用語の解説

サンプリングキーボードとは

(sampling keyboard)
サンプリングキーボードとは、PCM方式の録音技術で実世界から収録した生の音色データを音源に利用する電子鍵盤楽器のことである。
サンプリングキーボードの特徴は、音色を選択するだけで、誰もが従来の鍵盤楽器「キーボード」を利用するのと変わりなく、例えば、雨が落ちる音といったようなユニークな音源の音階で演奏できる。 技術的には、基準の音から1オクターブ高い音を出すには、原音の2倍のスピードで再生し、1オクターブ低い音を出すには、2分の1のスピードで再生する。 この場合、原音と再生音での音質を劣化させないために、さまざまな編集機能を搭載して、音色の補正を行っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]