シェアウェア

用語の解説

シェアウェアとは

(shareware)
シェアウェアとは、ソフトウェアを一般に公開し、ユーザーはそれを試用したあとに、その後も継続して利用する場合にのみ代金を支払うというシステムのことである。
もともとは販売を目的としたものではなく、ソフトウェア作者の善意で公開されていたものだが、作者の労力や費用をねぎらう意味で代金の支払いが慣例化されて現在のかたちとなった。 シェアウェアはネットワーク上のデータライブラリや、インターネット上などで公開されており、入手やテスト使用は基本的に無料であることが多い。 使用版には機能制限が設けられていることもある。 なお、代金を支払い正式なユーザーとして登録する手続きはレジストレーションと呼ばれるが、ベクターなどには、ネットワーク上でレジストレーションを代行するオンラインレジストレーションシステムがある。 この場合代金はクレジットカードなどを利用して精算する。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]