システムアナリスト

用語の解説

システムアナリストとは

(Systems Analyst)
システムアナリストとは、顧客の要望を聞き、開発者と協力してシステム構築の計画策定や開発の支援などを行う人のことである。
情報システムの構築を企画し、システムの分析や評価を行う力を認定する資格として国家資格のひとつとなっている。 一般的に、情報システムの開発は、顧客の要望とそれに応じた仕様によって開発が進められる。 このようにシステムアナリストは、顧客と開発者の双方に関わるため、経営的な知識と、情報技術の知識のいずれにも精通している必要がある。 また、システム運用におけるコストやリスク、さらにシステム自体の費用対効果などの観点を考慮した上で、システムの企画から分析などの連続したプロセスに関わる。 システムアナリストの試験は、経済産業省の指定試験機関である財団法人日本情報処理開発協会の情報処理技術者試験センターによって、毎年10月に実施されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]