シャッターボタン

用語の解説

シャッターボタンとは

(shutter button)
シャッターボタンとは、カメラのシャッターを切るために用いるボタン状の装置である。
シャッターボタンを押すことで、シャッター機構が開閉し、フィルムまたは撮像素子が露光する。 これのタイミングを計ることによって任意の写真が撮影できる。 なお、シャッターボタンを押してから実際に撮影されるまでの間には僅かながら時間差があり、この時間差がレリーズタイムラグなどと呼ばれている。 特にデジタルカメラにおいてレリーズタイムラグが大きい場合が多い。 オートフォーカス機能が搭載されている場合は、シャッターボタンを半押しすることでピント調整を開始するようになっていることが多い。 また、カメラから離れてシャッターを切るための装置として、ケーブルレリーズと呼ばれる部品がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]